社長あいさつ

戦略的パートナーとして、ビルマネジメントをトータルにサポートします

代表取締役 原 武志

弊社は、(旧)三和銀行(現、三菱UFJ銀行)系の東洋不動産・今橋地所を前身とし、首都圏・関西圏を中心に全国で数多くのオフィスビル、ホテル、物流施設等を受託管理しています。ビルオーナーに代わって資産価値を高め、キャッシュフローを最大化する「プロパティマネジメント業務」やビルの一括借上げにより、キャッシュフローを安定化させる「サブリース業務」、ビルの資産価値を維持向上させる「コンストラクションマネジメント業務」を中核に事業用不動産のソリューションサービスを幅広く展開しています。

オフィスビルは、規模・立地・築年・グレードにより、様々な個性や課題を持ち、ビル経営に当たってはそのビルに合った対応が求められます。弊社は前身会社でオーナー業を営んだ経験を生かし、オーナーの立場を理解できるパートナーとして、テナント誘致(リーシング)・コスト適正化・維持管理といったマネジメント業務、遵法化・耐震化やバリューアップの工事にかかるコンサルティング業務等、オーナーに収益と資産価値の向上をお約束するサービスを提供しています。

弊社は、東洋不動産グループの総合力を活用し、「事業用不動産のあらゆるニーズに迅速かつ柔軟にお応えし、お客様から信頼される“総合ソリューションサービス企業”」を目指し、不断の努力を重ねて行く所存でございます。今後とも、みなさまのご支援ご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

経営理念

東洋不動産プロパティマネジメントは事業用不動産のあらゆるニーズに迅速かつ柔軟にお応えし、お客様から信頼される「総合ソリューションサービス企業」を目指します。

経営方針

PM・サブリース事業をコア事業として、安定的な成長を継続できる会社にする。役職員が誇りと夢を持ち、粘り強く主体的に行動する会社にする。コーポレートガバナンスが機能し、社会から信頼され貢献できる会社にする。